ジーエスアイでご遺族のグリーフサポートを学ぶと、どうして自分の心まで軽くなるのでしょうか?

最近よく聞く「グリーフ」のことを学んでみたいけど、色々セミナーや資格があって迷ってしまう。

いきなり高額なセミナーを申し込むのはリスクがある…。

そんな不安や悩みをお持ちの方に、グリーフサポートミニセミナー(無料)のお知らせです。

 small_373972.jpg

大切な人や身近な人を亡くしたとき、自分が死別を体験したことによって、自分自身の心の中で
何かが起きていて、それが様々なところに影響を及ぼしているということに気づいていない方が
多くいらっしゃいます。

 

しかし、最近では、メディアで取り上げられるようになってきたこともあって、身近な人を亡くすと、体調がすぐれないとか、やる気がおきない、仕事に行きたくないなどと言う体験をすることがあると言うことは、少しづつ知られるようになって来ました。

しかしその情報を見て、死別を体験した人が、「今、自分がその状態にあるんだ」と認識し、自ら悲しみと向き合うことができる人は、ほとんどいないのが現実です。

 

それはなぜでしょう?

 

多くの人は、

  • 「死」を体験したからと言って、自分はそんなおかしな状態になるはずがない。
  • 確かにTVで言ってるような状態にあるけど、自分はそれほど大げさな状態ではない。
  • そもそも、身近な人を亡くしてはいるけど、自分はそんなに弱くないから、違うと思う。

こんな風に、自分は違うと思っている人が多いからです。

 

大切な人や、身近な人を亡くした時、様々な要因によって、思っていることや湧き上がる気持ちを心の中に押し込んで、表に出すことができない、又は出さずに溜めこんでいる状態を「グリーフ」と呼びます。

 

世の中では、そのグリーフにある人を助けること(グリーフケア)=傾聴やカウンセリングをすること。

と言ったイメージがついて回っているように思います。
しかし、そもそも、グリーフにある方は自分がグリーフの状態にあるとわかっている方が非常に少ないので、誰かに助けを求めることは難しいのが現実です。

つまり、どんなにすばらしいスキルを持っていたとしても、周りの人が支援を提供すること自体が不可能に近いことなのです。

 

ジーエスアイでは、ご自身がグリーフの状態にあることに気づいていなくても、
それに気づいて支えを提供することができる人材が必要だと思っています。

グリーフケア従事者がグリーフケアだけを仕事として生活していける社会になることは理想ですが、世界的にもまだまだ困難な状況にあります。

ですから、心理カウンセリングやボランティア団体等の活動など、これまでに現存するシステムだけでなく、さらに個々の仕事を通じて継続した支援を提供できる社会的なネットワークを作り、社会全体でサポートするシステムが必要だと考えます。

だからこそ、どんな仕事にもすぐに使える、トータルな学びが必要なのです。

そして、私たちジーエスアイでは、様々な業種の人たちが、互いに信頼して連携できるように、
グリーフの学びそのものを、業種を限定せずに様々な業種に対応できる学びを提供しています。

 

それが、株式会社ジーエスアイが提供している 「グリーフサポートセミナー」です。

 

ご遺族の悲しみに気づき、仕事や社会活動を通じて、支援ができるようになる

「グリーフサポートセミナー」 をご紹介いたします。

 

 ジーエスアイのグリーフサポートセミナーの大きな特徴は、この2つ

1.   学んだ日から、どんな仕事にも活かすことができる。

2.   セミナーの受講を通じて、受講者自身のケアができる。

 

受講後のアンケートにおいて、受講生の99%がこの2つを挙げてくれています。

 

では、なぜ、ジーエスアイのグリーフサポートセミナーではそれが可能なのでしょうか。

 

  • グリーフの知識だけでなく、ご遺族を支えるために必要なコミュニケーションスキルや
    心の在り方をトータルで学ぶことができる。
  • グリーフサポートにおいて、軸となる本質的な考え方を学ぶので、色んな業種に応用が可能。
  • 様々な業種の人が共に学ぶので、色んな職種の事例が豊富。
  • 同じ方向に向かって、共に学び、ネットワークでつながる仲間に出会える。
  • 誰かに否定されたり、アドバイスを押し付けられたりしない、安全で安心な環境で学ぶことに
    よって、自分自身の気持ちを聴いてもらい、セルフケアが可能。
  • 何のために自分はサポートをするのか、仕事へのやりがいが見つかる。

 

受講生からは、こんな声が上がっています。

大森明子さん/納棺師(((*))リーフサポートバディ第5期生)

Q1:グリーフサポートセミナーを受講した動機を教えて下さい。また、なぜ、ジーエスアイのセミナーを選んだのですか?

葬儀業界に入ったのをきっかけに耳にするようになったグリーフを、しっかりと学びたかった。2、3日で習得できるものではなく、ずっと学び続けることができるジーエスアイを選びました。

Q2:グリーフサポートセミナーを受講した体験は、あなたにとってどんな価値がありましたか?

グリーフサポートの最先端を学べることと、同じ志を持った仲間との出会い

 

 

穴澤由紀さん/ヒプノセラピスト(((*))リーフサポートバディ第4期生)

Q1:グリーフサポートセミナーを受講した動機を教えて下さい。また、なぜ、ジーエスアイのセミナーを選んだのですか?

心理職に就くには、グリーフの学びが必須だと思ったから。

Q2:グリーフサポートセミナーを受講した体験は、あなたにとってどんな価値がありましたか?

自分のグリーフについて見つめることができ、健全な感情で受け止めることができるようになったこと

 

村田ますみさん/海洋散骨サービス(((*))リーフサポートバディ第2期生)

Q1:グリーフサポートセミナーを受講した動機を教えて下さい。また、なぜ、ジーエスアイのセミナーを選んだのですか?

仕事で必要だと感じたから。知人に評判を聴いて選びました。

Q2:グリーフサポートセミナーを受講した体験は、あなたにとってどんな価値がありましたか?

自分と自分の仕事の根っこに向き合うことができました。

 

菱沼洋三さん/葬祭ディレクター(((*))リーフサポートバディ第6期生)

Q1:グリーフサポートセミナーを受講した動機を教えて下さい。また、なぜ、ジーエスアイのセミナーを選んだのですか?

自分らしく誰かを支えられるようになりたいと考えたので

Q2:グリーフサポートセミナーを受講した体験は、あなたにとってどんな価値がありましたか?

遺族と接する際に、大切にすべき自分の軸が決まったことです。

 

神藤有子さん/看護師(グリーフサポートセミナー・アドバンスコース18期 受講生)

Q1:グリーフサポートセミナーを受講した動機を教えて下さい。また、なぜ、ジーエスアイのセミナーを選んだのですか?

遺族、グリーフの基礎を、葬祭業界を熟知した講師から学びたかったため

Q2:グリーフサポートセミナーを受講した体験は、あなたにとってどんな価値がありましたか?

学びに加え、自分の体験の振り返りをして、元気になれるお得な価値があります。

 

(*)グリーフサポートバディ:株式会社ジーエスアイの認定資格
グリーフの知識、コミュニケーションスキル、サポートマインドをバランスよく兼ね備え、プロとしても成果を残すことができる人

 

カリキュラムと、受講後のサポートが充実した、このセミナーに興味が湧いてきたけれど、受講費を考えると、本当に効果が出るのか、心配になりますよね。

 

そんな方のために、具体的な不安を解消できる、グリーフサポートミニセミナー(無料)を開催いたします。

 

【日 時】 平成29年7月3日(月)19:00~

【場 所】 株式会社ジーエスアイ セミナールーム

【参加費】 無料

【講 師】 橋爪清美/(株)ジーエスアイ 専務取締役


 

他の会社のセミナーと何が違うの?

どんな人が受講してるの?

私でもついていけるの?

学んでもできなかった人はいないの?

男性で学んでる人はどのくらいいるの?

 

 『グリーフサポートミニセミナー』は、グリ-フサポートセミナーの受講を検討されている方向けに、セミナー受講をお考えいただく参考になさっていただくためのセミナーです。


グリーフサポートセミナーでどんなことを学ぶことができるか、どんな風に活用できるのかなど、セミナーのご説明と、不安なことや、疑問に一つづつお答え致します。


私たちが「グリーフサポートセミナー」において大事にしていること、
そして、これまで実践している受講生の皆さんの事例などをご説明するとともに、ご質問をお受けします。


以下のような方は、ガイダンスに是非おいでください。


・ベーシックコースを受けようか迷っている方


・受講の流れを知りたい方


・まずは、グリーフサポートが何か知りたい方

大切な人を亡くして、深い苦しみの中にいるご遺族を支えるためのネットワークを、一緒につくっていきませんか?

 

まずは、グリーフサポートミニセミナー(無料)にて、お待ちいたしております。

 

皆様のご参加を、お待ちいたしております。