大切な人を亡くしたとき

大切な人を亡くして苦しいのは、その人が自分にとってどれだけ大事だったか、愛していたのかの裏返し。
だから、悲しいのも、苦しいのも当然のこと。
折り合いをつけるために時間がかかっても、仕方のないことなのです。