エンディング産業展 グリーフサポートセミナーリレー⑤

2017ENDEXセミナーリレー 最終走者 【(株)山内葬祭 山内誠一さん 】

ENDEX2017にてセミナー講師を務めるメンバーからのメッセージお届け第5弾。
バディラスト、そして今回のトリは、ENDEXも3回目の登場ですでにお馴染みの、新潟県燕市の葬儀社、株式会社山内葬祭・代表取締役の山内誠一さんです。

既に前売券は満員となっておりますが、当日券もございますので、是非セミナーにおいでください。
(但し、立見となる場合もございますので、お早目にC会場前にお並び下さい。)

今年の意気込みは?


ENDEX2015_山内さん.jpg

カフェとフラワーショップを併設した、小規模葬儀施設「花てらす」を去年の9月にオープンしてから、全国の葬儀社並びに異業種でこれから家族葬施設を始める方たちが多く見学に来られ、その中でいろんなお話を伺いました。

同じようにカフェを併設したいとか、施設の間取りであるとか、葬儀プラン、空間アレンジなど多くのことを相談いただきました。

しかし最後は人材の教育、登用、の話になります。
「やまうち葬祭では全てグリーフサポートを軸にして考え、構築しています」とお伝えしています。
モノはすぐに真似され陳腐化してしまいますが、その会社で働く人の思いや、知識、大切にしていること、スキル、などはすぐに真似することはできません。

いま、葬儀社がやるべきことは「本物の葬儀社の社員」を育てることだと思います。

これから、やまうち葬祭では現在の、一般葬・家族葬・1日葬・直葬という提供のしかたはやめます。葬儀の大切さを伝え、そのお客様にとってどんな「お別れの場」が一番いいか一緒に考え提案し施工することにしました。

ここに向けていろんなことを準備してきたことを今回お話できればと思います。

最後は「ひと」だと思います。