【ENDEX】セレブラントが寄り添う葬儀「家継葬」~グリーフサポートと葬儀社の組織改革そして、その後の濃飛葬祭~

8月22日・23日・24日に東京ビックサイトで開催されるエンディング産業展でジーエスアイが企画しているセミナーについて、シリーズでご紹介しています~



今回は、株式会社濃飛葬祭 代表取締役 鈴木 哲馬(すずき てつま) 氏による
『セレブラントが寄り添う葬儀「家継葬」~グリーフサポートと葬儀社の組織改革そして、その後の濃飛葬祭~』についてご案内します。

鈴木哲馬氏(小).jpg
鈴木氏には、3年前のENDEXでも、「グリーフサポートを軸にした組織作り」というテーマでご講演いただきました。

どんどん店舗展開をして売上や件数を伸ばしていくやり方ではなくもっと新たな打ち手が必要なのでは……そんな危惧を感じる経営者の方にとって、真の組織成長を目指し、努力を重ねていらっしゃる鈴木氏のお話は大いに参考になったというお声を多くいただきました。
 

株式会社濃飛葬祭は、全社を挙げて、グリーフサポートをサービスの軸にして、ご遺族のサポートに取り組んでいる企業です。

濃飛葬祭の社内研修の一環として、ジーエスアイのグリーフサポート研修を導入していただいており、現在までに社員のほぼ全員が受講し、社内にはすでに16名のグリーフサポートバディ認定者が在籍しています。

「故人の思いをきちんと受けとめ、参列された人々に受け継いでいく、そんな葬儀ができる会社を作る」というポリシーに基づき、人材の質を高めるために必要な組織改革を続けていくことで、可能となった新しい葬儀の形が生まれました。

このたび、濃飛葬祭オリジナル葬儀として、「家継葬(かけいそう)」をスタートされることになりました。

「家継葬」とはいったいどのような葬儀なのでしょうか? 

当日は、コンセプトや見据えているビジョンについて語っていただきます。


会社を変えたい、社員のパフォーマンスを上げたい、より品質の高いサービスを提供したい、そう考えていらっしゃる方は必見です。
 

<第4回エンディング産業展 GSI企画セミナーのご案内>

セレブラントが寄り添う葬儀「家継葬」
~グリーフサポートと葬儀社の組織改革そして、その後の濃飛葬祭~
(株)濃飛葬祭 代表取締役 鈴木哲馬氏
 
◆8月23日(木)13:30~14:30
◆会場:東京ビックサイト東7ホール F会場にて
◆費用:無料

セミナーへご参加を希望される方は、エンディング産業展(ENDEX)への事前登録&セミナーのお申込みをお願いいたします。下記ご案内をご覧ください。



【エンディング産業展(ENDEX)への事前登録&セミナーのお申込み】

⇒ セミナーのお申込み&来場事前登録のお申込みは下記バナーをクリックください。
bnr_endex2018_300.gif

※会場受付は混雑が予想されます。 事前登録をしていただければ、スムーズに受付を通ることができますので、是非、事前登録をご利用ください。

※事前登録に関するお問い合わせは、ジーエスアイではなく、下記エンディング産業展事務局へお願いいたします。(TEL: 03-5363-1701)


(書いた人:穴澤由紀)
 

【関連記事】

世界が求めている「セレブラント」とは?~日本の葬儀を変える新しい職業~

グリーフサポートを仕事に活かすということ
 
【ENDEX】グリーフサポートとしてのエンバーミング~エンバーミングを利用した葬儀はなぜ満足度が高いのか~ 

エンディング産業展で5つのセミナーを企画しています。

小規模化、簡素化が進むお葬式。人々の本当の声とは何でしょうか。